素材が持っている特徴

この記事をシェアする

それぞれの素材を知る

衝撃に強いインテリア雑貨が良いなら、メープルで作られているものを選んでください。
日本では、楓と和訳して表記されている場合があります。
色は白やクリーム色が多く、部屋に置くと可愛らしい雰囲気やナチュラルな雰囲気を演出できます。
オークという素材は、どんぐりの木を使っています。
こちらは大きなインテリア雑貨に使われることが多く、ホワイトやレッドなど色のバリエーションが豊富で人気が高いです。

チェリーは、主にアメリカンチェリーの木を加工しています。
滑らかで肌触りが良く、赤みがある部分が特徴です。
ウォールナットはクルミの木を使っており、濃い茶色をしています。
時間が経過すると色が薄くなっていきますが、敢えて色の変化を楽しむ人が多いです。

長く使えるインテリア雑貨

どんなに見た目がイメージ通りでも、耐久性が低いインテリア雑貨ではいけません。
すぐに壊れて買い替えることになるので、出費が増えてしまいます。
何度もインテリア雑貨を買い直すのは大変なので、長持ちするインテリア雑貨を購入してください。
実際に触って、硬くて丈夫なのか判断することがポイントです。

できるだけ、インテリア雑貨を見に行ってください。
今はネット通販でもインテリア雑貨を気軽に購入できますし、お店に行かなくて良いので便利ですが、実物を見て判断できない面がデメリットです。
実際は耐久性が低かったり、イメージと色が異なったりする可能性があるので注意してください。
お店に行き、自分の目で確認した方が安心できます。