どんなインテリア雑貨が良いのか

この記事をシェアする

空きスペースを見つけよう

慣れていない人は、インテリア雑貨のサイズを確認することを忘れてしまいます。
するとせっかく買っても置くスペースがないというトラブルに陥り、買った費用が無駄になるので気を付けてください。
ですから最初に置くスペースを決めて、サイズを採寸しておくのがおすすめです。
また床面積だけでなく、天井までの高さも採寸すると棚などの大きなインテリア雑貨を買う時に便利です。

大きいインテリア雑貨を買う時は、搬入する時に玄関や部屋のドアを通れるのか確認することを忘れないでください。
部屋の間取りを考慮して、どこを通ってインテリア雑貨を搬入すれば良いのか計画を立てましょう。
そこまで考えないと、ベストなインテリア雑貨は買えません。

生活動線をイメージする

テーブルやソファーなど、日常的に使うインテリア雑貨もあります。
それらの置き場所を決める際は、自分がどのような生活を送るのかイメージしてください。
座りやすいポジションや、テレビを見やすいポジションを見つけることでベストな置き場所が判明します。
特にテレビを見やすい位置を決める際は、高さにも注目しましょう。
座った時に目線が高かったり低かったりすると、テレビが見にくいですし身体を痛める可能性があります。

また部屋を広く見せたい時は、背の高い家具を手前に置きましょう。
そして奥に行くにつれて背の低い家具を置くことで、遠近法により部屋がスッキリして見えます。
新しくインテリア雑貨を買う際に、部屋全体を模様替えしても良いですね。